元はただの石ころ

「確かなのは過去でも未来でもなく今」とわかっているけれど、そう簡単に割り切れない奴の日常

今日の空と生きること(死ぬこと)

somewhere in Tokyo 今日は2ヶ月ぶりに近所の川沿いを走った。 雲の多い一日だった。 遠くにスカイツリーが見えた。 夕焼けが雲に隠れていた。 日々、悩むことが多くてうんざりするけれど、走っているとそれを少し忘れていられる。やっぱり定期的に走ること…

ヒグチアイの「ラジオ体操」を口ずさんで、なんとか今日も一日を終えた

先日、ドン・キホーテに行った時にたまたま耳にして、歌詞がすごく良いと思ってYoutubeで聞いてみたら、これまた心にしみてしみたので、貼り付けておく。 ※歌詞の一部転載。なんか無性に泣きたくなるわ。生きただけでもらえるハンコ、自分もほしい。 まけた…

【読書感想文】終わりまであとどれくらいだろう( 桜井 鈴茂 )

桜井鈴茂という作家のこの本、数年前からずっと気になっていた。けれども、一度も読んだことがない作家のため、なんとなく購入まで至らずそのままとなっていたが、この度読了。 読んだ感想を一言で言えば、「リアル!きつい!でも心が動かされた」 つい手に…

noteに小説を公開しました。

もう数年前に書いた短編。 1〜5(完結)まですべて無料でnoteにて公開中。 我ながら読み返すとツッコミどころ満載で呆れる出来だけれど、 少しでも楽しんでいただければ嬉しい。 下のリンクからどうぞ。 note.mu note.mu note.mu note.mu note.mu 騎士団長…

夏、クリームソーダ、喫茶店。

今週のお題「はてなブログ フォトコンテスト 2017夏」 緑色の液体に薄っすらと黄色がかったホワイトのアイスの組み合わせ。 アイスが溶けて緑色が黄緑色になっていくその過程がたまらなく綺麗で、 僕はいつまでもそれを見つめていた。 目の前に座る人の目を…

【読書感想文】『天国旅行』(三浦しをん)

天国って本当にあるんだろうか。漠然と楽園のようなイメージを持っている場所。そこへ旅行するんだからきっとハッピーな小説に違いない。そんな気軽な気持ちで手に取ったが、見事に裏切られた。 テーマは心中 死ぬこと、は、生きること。 答えはそれぞれの人…

【読書感想文】『自分を操る超集中力』(メンタリストDaiGo)

なぜあなたの集中力は続かないのか 集中力をつけるためにはどうすればいいか 答えを知りたかったら、この本を読んでほしい。 自分を操る超集中力 作者: メンタリストDaiGo 出版社/メーカー: かんき出版 発売日: 2016/05/31 メディア: 単行本(ソフトカバー)…

中学高校と友達が1人もいなかった僕を生かしてくれた本(小説)4選

友達がいない=ダメ人間? 友達がいなくもいい、僕には本がある 今も生きるのが辛いとかしんどいとかそういう人に向けて これを書いているのはこんな人 さよならブラックバード(景山民夫) ピアニシモ(辻仁成) スカイ・クロラ (森博嗣) 失はれる物語(…

パソコンやスマホで目が疲れたらあずきのチカラというアイマスクをするべし

現代社会において、パソコンやスマホを使わない生活をしている人は限りなく少ないのではないだろうか。私生活以外でも仕事でパソコンを使ってデスクワークをする人もいるだろう。というかそれは僕なのだけれども、時々目が尋常じゃないくらいに痛むことがあ…

【2017年版】実際に使用してオススメするMacBook Air を持ち運ぶためのリュック

このブログのアクセス解析を見ていてアクセスが多い記事の中に、「MacBook Airを持ち運ぶためのリュック」という記事がある。 motoishirei.hatenablog.com この記事を書いてからすでに2年以上が経過した。僕は今でもこの時に紹介していたグレゴリーのリュッ…

GWでも空いている穴場スポット、うらわ美術館は都内からちょっと出掛けるのにオススメ。

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」 ゴールデンウィーク、皆様いかがお過ごしだろうか。 「どこか行きたいなぁ。でもGW中はどこ行っても混んでるしなぁ」という人にオススメスポットをご紹介。 それはずばり、うらわ美術館である。 では、オススメポイン…

「自分ってなんでこんなにダメな奴なんだろう」と自己否定を繰り返していた時に、自分の星座について書かれている本をたまたま読んでみたら意外と救われたという話

自分の悪い部分ばかりが気になって仕方がない。生きている価値がない。もう死んでしまいたい。楽になりたい。 そんな時はいくら外が晴れていたって、家に閉じこもる。誰にも会わないで、ベッドの上で丸くなり、目を閉じる。 「終われ!世界よ、終われ!」と…

もう一度歩き出すことはできる

とても久しぶりにブログを更新する(広告系ではなく日記系として)。更新していない間も自分はネットの海を彷徨いまくっていた。けれど、なぜだか自分のブログを更新する気になれなかった。それは仕事が忙しかったから、または、冬で寒かったから、といった…

バスタオルを早く乾かせるには速乾タオル「カラリ」が良いという話

バスタオルは、大判だとなかなか乾かない。特に気温が上がらない冬の時期だったり、日当たりの悪い場所に住んでいる場合、室内干ししている場合は特にだ。 僕は先日引っ越しをした。 motoishirei.hatenablog.com 今住んでいるところは2階。ベランダもある。…

静けさを求めている

どこにいても、静かではない。 例えば、今このブログを更新しているカフェは、神保町にあるチェーンのカフェである。先日、土曜の夜に同じくらいの時間帯に来たのだが、客は自分の他に2組しかおらず、随分と静かだった。けれど、今日は平日、かつ明日は祝日…

賃貸に住んでいるけど、トイレがウォシュレット付きではない場合は、パナソニックのハンディトワレを使うと良いよ

先日、埼玉県の所沢から東京都の江戸川区に引っ越した。それは良いとして、引っ越した先は築30年近い低層マンション。トイレにウォシュレットなんか付いていない。自分でウォシュレットを付けようかと考えたのだけれど、ウォシュレットは電源が必要。という…

で、結局どうしたいの?

夏から毎月残業70時間程度しておりまして、やっと落ち着いてきたので更新。 変わらないものなんてない。これはもうわたくしのモットーと言いますか、何と言いますか。かれこれここ5、6年はずっとそんなことを思いながら生きてきました。 どんなに辛いことも…

引っ越しで粗大ごみ(ベッド、机など大きな不要品)があるなら、「メルカリ アッテ」を使うべき、という話

引っ越しをする際に、不要な物がある場合は、「メルカリ アッテ」というアプリを使うと、粗大ごみ回収に出すことなく、しかもお金も得られるのでおすすめ。 詳細は以下リンクから確認して欲しいが、要するに、近くに住んでる人に不要品をあげたり、もらった…

2015年ニューヨーク旅行6

*過去や次の旅行記を見たい方は右のバーのカテゴリーから飛んでください。 グッゲンハイム美術館の中。最初に最上階に上がり、そこからぐるぐると回りながら降りてくる。建物自体がユニークでワンダフル。 1階に降りてくると、ピノキオらしき人物が浮いて…

2015年ニューヨーク旅行5

*過去や次の旅行記を見たい方は右のバーのカテゴリーから飛んでください。 海外の美術館で日本のアーティストの作品があると嬉しい。というわけで、村上隆。他には草間彌生の作品があった。 ランチはちょっと豪華に美術館のカフェで。これで2,500円くらいだ…

2015年ニューヨーク旅行4

以前の記事はこちら。 motoishirei.hatenablog.com motoishirei.hatenablog.com motoishirei.hatenablog.com やっぱり近くで見ると、本物はいいね。お台場のとは大違いだ(笑。 NYの摩天楼。手前に豪華客船が見えるけれど、ものすごい大きさだった。 自由の…

2015年ニューヨーク旅行3

前回の記事はこちら motoishirei.hatenablog.com motoishirei.hatenablog.com さて突然だけれど、LEGOである。なぜだかNYではレゴのお店を何軒か見かけた。日本だとLEGOはおもちゃ屋さんの一角にあるくらいだと思うけれど、NYでは、LEGOのみを置いている直営…

仕事じゃない、これはゲームだ。

2週間前から、仕事が一気に忙しくなり、毎日、帰宅が当日を過ぎている。先週は土曜日も出勤。そして、本日、久しぶりの休暇。 平均睡眠時間、4時間で毎日を過ごす日々。そんな時にふと思ったことがある。 仕事じゃない、これはゲームだ。 そう思わないとや…

2015年ニューヨーク旅行2

前回の記事はこちら。 motoishirei.hatenablog.com 荷物を置いて、近所をぶらぶら。18時くらいだろうか。ニューヨークの街中を歩いている自分に酔っている(笑。イエローキャブが「NYに来たぜ!」感を一層強く印象づけてくれる。 信号機一つとっても日本とは…

2015年ニューヨーク旅行1

2015年6月、ニューヨークに行った時のことを自分で撮った写真に突っ込みながら振り返っていく。この旅行では、約5日間で合計700枚程度の写真を撮ったのだが、できるだけ多くの写真をアップして突っ込んでいきたいと思うので、何回かに分けて更新していく。 …

他の人がどう思うかではなく、自分がどう思うのか

間違いなく僕は人からの意見に自分の気持を左右されやすい方で、だからこそ、タイトルのようなことを強制的に思い出しては何とかその場をやり過ごすようにしている。 生きていると、他人のくせに、何も責任持てないくせに、あれこれ色々とアドバイスやら指摘…

パンプキンエッセイ大賞予選落ち、公開恥さらし作品「あなたを変えた言葉」 【字数】 1600字以内(400字詰原稿用紙4枚以内)

パンプキンエッセー大賞 応募 作品 中学1年の時、新学期が始まったその日は、弁当持参だった。担任教師は言った。 「今日は天気がいいから、各自、好きな所で食べていいぞ」 僕が通っていた中学は、校舎のすぐ隣に木々が植えられた中庭があり、クラスメート…

2016年、僕が実際に使ったフリマアプリでおすすめと感想をご紹介

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」 何を隠そう僕は今、猛烈にハマっていることがある。それは、フリマアプリである。フリマアプリとは、スマホのアプリ上で、フリーマーケットのように、商品を売り買いできるものである。そんなん知ってるわボケ、とか突…

どこに住むのか、何を得たいのか

僕は、テレビを必要な時以外は、つけないようにしている。 実家にいた頃は、テレビをつけっぱなしにしていた。家族でバラエティ番組を見たりして過ごす、それが当たり前だった。 けれども、社会人になり、一人暮らしを初めて気付いたのは、思った以上に自分…

池袋、夜、サンマルクカフェ

にて、更新中。 会社帰りにMacBook Air持ち込んで。 それにしてもうるさい。時刻は22時を過ぎているが、皆おしゃべりに夢中。僕は一人で黙々とこの文章を打つ。笑い声が響く。この空間は一体何デシベル?怖いくらいにうるさい。音の渦に飲み込まれないように…