元はただの石ころ

「確かなのは過去でも未来でもなく今」とわかっているけれど、そう簡単に割り切れない奴の日常

本に関する仕事がしたい

「本に関する仕事がしたい」 ずっとそう思ってきた。新卒で入った会社は、「過去に本を作ったことがある。これからも作るかもしれない」と聞いて入社した。しかし、その会社はマニュアル制作会社であった。今から10年ほど前のことになるが、すでに当時、マニ…

【宣言】2年以内に東京から千葉へ移住することにした。

いろいろと思うところがあって、東京から千葉へ移住することにした。決意を揺らがせないためにあえてここに宣言しておく。 正直、これからのことに不安はある。まずは仕事だ。今の仕事を辞めることになる。仕事主体の生き方をここ何年か続けてきた。会社に身…

【映画感想文】ONCE ダブリンの街角で

少し前の記事で感想文を書いた「はじまりのうた」。 motoishirei.hatenablog.com 音楽を通して男女が出会うというシンプルながらも上質な世界観が良いなと感じた。そこで同監督の一つ前の作品である「ONCE ダブリンの街角で」も見てみた。 ストリートミュー…

仕事で残業が多すぎて死にたくなった時のストレス解消法5選

例年のごとく7月から仕事の繁忙期に入った。毎月の残業時間は80時間までと決められているのでそれ以上働かされることはない(ちなみに2年前まではこの上限が無かったため、エンドレスに残業ができた笑)。 毎日日付が変わる頃に自宅に戻り、朝は7時前に起…

【旅行記(後編)】日本から一番近い楽園はハワイでもグアムでもない。サイパンだ。

前編の内容は以下。 motoishirei.hatenablog.com 2日目。マニャガハ島へ向かう。マニャガハ島とは、サイパンの港からクルーズ船やスピードボートで約10分で行ける小さな離島。 カジュアルなクルーズ船に乗って向かう。 海が綺麗過ぎる。 マニャガハ島に着い…

【旅行記(前編)】日本から一番近い楽園はハワイでもグアムでもない。サイパンだ。

2018年1月31日から2月3日まで三泊四日でサイパンに行ってきた。昨年末まで毎月80時間程度の残業をしてきて、心身ともに疲弊し切っていたので、とにかくのんびりしたかった。 巷では空前のハワイブームが訪れているようだが、ちょっと待ってくれ。ハワイま…

【ダナン旅行記⑤】2018年7月乾季のダナンなのに曇りと雨続きで残念過ぎた話

4日目、最終日。 ホテルの朝食。美味しすぎて暮らしたいくらいだったので、悲しい笑。 バインミーというベトナムのサンドイッチ。自分で作れるので作ってみた。 この日はダナンの街中を散策。 ピンクの教会。 昼食は、ミー・クアン1Aにてミー・クアンを食…

【ダナン旅行記④】2018年7月乾季のダナンなのに曇りと雨続きで残念過ぎた話

3日目。朝から散歩するが分厚い雲が覆っている。 ベトナムコーヒー。練乳が下に溜まっていて混ぜて飲む。甘すぎる笑。 タクシーでホイアンに直行。昨日行ったのにまた行くんかい笑。 現地の人が川の上に座ってたんだけど、竹のシンプルな造りで、よくあんな…

【ダナン旅行記③】2018年7月乾季のダナンなのに曇りと雨続きで残念過ぎた話

ホイアンの街で古民家見学。 下に敷いてあるござ(敷きマット)が実家にあるのとおんなじで懐かしかった。ホイアンには昔、日本人町があったということでその影響か。 奇抜なマネキン。頭というか髪の毛がすごい笑。 トゥボン川。ホイアンの街の中をゆったり…

【ダナン旅行記②】2018年7月乾季のダナンなのに曇りと雨続きで残念過ぎた話

ダナンの2日目。5時起床。 すでに外は明るかったが、この日も残念ながら曇り空。 青い空はどこへ(泣) 事前にホテルの朝食が美味しいというレビューを読んでいたので期待していたが、予想以上に良かった。 プルマンダナンビーチリゾートの朝食。サラダバ…

【映画感想文】はじまりのうた

映画「はじまりのうた」を見た。 はじまりのうた BEGIN AGAIN [Blu-ray] 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2015/10/07 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (14件) を見る 音楽とは何だろうか。歌とは何だろうか。そんなことを時々考える。僕…

【映画感想文】奇跡の2000マイル

奇跡の2000マイルを見た。ずっと見たいと思っていてやっと見れた。イントゥザワイルドとか旅系映画が好きな人にオススメ。ーーオーストラリアの砂漠地帯を約3200kmラクダと犬と共に歩いた24歳の女性の話。実話を基にしている点、映像がとても美しい点から何…

【ダナン旅行記①】2018年7月乾季のダナンなのに曇りと雨続きで残念過ぎた話

2018年7月、3泊5日でベトナムのリゾート地、ダナンへ行ってきた。今回の旅の目的は青空の下、白砂ビーチでのんびり読書……だったのに、肝心の天気が曇りの日ばかりでほとんど晴れず、それどころか雨も降ってきたりして残念過ぎた。 でも、トータル的にはや…

【2018年版】ダナン国際空港第2ターミナルからタクシーでダナン中心部やホテルへ移動する際にぼったくられない方法

ダナン国際空港第2ターミナル到着ロビーにて 2018年7月、3泊5日でベトナムのダナンに行ってきた。ダナンはビーチリゾートとして人気だが、車で40分ほどのところに世界遺産の街ホイアンがある。この街は雰囲気がノスタルジックで素晴らしく、滞在中2回も…

一人カラオケは1時間でちょっと惜しまれつつ止めるのがいい

数カ月ぶりに一人カラオケに行ってきた。先日、カラオケ事業から撤退すると表明したシダックスへ。なぜシダックスかというと、株主優待の金券を持っているからで、その期限が今月中のため。 シダックスがカラオケ事業から撤退するというニュースの後、株価の…

ELLEGARDEN復活と聞いて僕が思い出したこと

ELLEGARDEN(エルレガーデン(以下エルレ))が10年振りに再始動するらしい。10年前というと2008年。ちょうど僕が大学を卒業した年だ。もう10年も経つのか。時の流れの速さの方に驚いた。 エルレは大学生に入ってから知ったし、特別なファンというわけでもな…

久しぶりに平日に夕陽を見た

陽が出ているうちに 帰宅できるのなんてとても久しぶりだった 時刻は18時を少し過ぎた頃 この時間でも東京の電車の中はサラリーマンやOLで溢れていた 彼らは毎日定時で帰れているのだろうか それともたまたま今日は早いだけなんだろうか そんなことをとりと…

挫けそうなとき、諦めてしまいそうなときに読み返したい詩

生きていると色々なことを考える。これを読んでいるあなたもきっとそうだろう。 もう夢を諦めてしまおうか。 そもそも夢なんてない。 こんな世界で夢なんて持てるわけがない。 そう思うときもあるだろう。でも、言い訳を呟いた後に、この言葉を贈りたい。197…

【後編】あの人は富士宮にいて、僕は東京にいる。

前編はこちら。 motoishirei.hatenablog.com 誘い 過去の記憶 現在 音楽を聴いて また離れていく 誘い 「あ、そうだ」とあの人は突然思いついたように言った。 「お願いがあるの」とあの人は僕の目を見て言う。 「なになに」と僕はアルコールの勢いで軽く答…

【前編】あの人は富士宮にいて、僕は東京にいる。

あの人に会いに行く あの人との出合い 静岡駅ビルのカフェで ソウルメイトって知ってる? 富士宮にて 古民家カフェで 再会 あの人に会いに行く 2月のある日。僕は、有休を利用して高速バスで都内から富士宮に向かっていた。深夜2時に起きたトラック事故の…

80時間☓5ヶ月

タイトルは昨年8月からの残業時間。 今の会社は毎月80時間が残業の上限であるが、日曜の出勤は月2回までOKで残業時間にカウントされないという意味不明マジカルルールのため、実質100時間に近い月もあった。 うんざりだ。 定時で帰りたい。 仕事を辞めたい…

20171225

浜離宮恩賜庭園 中銀カプセルタワービル(こんなところにあるなんて知らなかった) 汐留の街並みは、近未来感がすごい(タクシーが空を飛んでいないのが残念) これがココイチだなんて 非常階段、無駄にレインボー 中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟 (N…

昨年、クリスマス直前の土曜日、約1年ぶりに訪れた横浜で。

ことりっぷ 横浜 作者: 昭文社 出版社/メーカー: 昭文社 発売日: 2016/07/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

1月2日、夕の頃、静岡から東京へ帰る高速道路のサービスエリアで。

高速道路&SA・PAガイド2017-2018年最新版 (ベストカー情報版) 作者: ベストカー 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/04/22 メディア: ムック この商品を含むブログを見る

今日の空と生きること(死ぬこと)

somewhere in Tokyo 今日は2ヶ月ぶりに近所の川沿いを走った。 雲の多い一日だった。 遠くにスカイツリーが見えた。 夕焼けが雲に隠れていた。 日々、悩むことが多くてうんざりするけれど、走っているとそれを少し忘れていられる。やっぱり定期的に走ること…

ヒグチアイの「ラジオ体操」を口ずさんで、なんとか今日も一日を終えた

先日、ドン・キホーテに行った時にたまたま耳にして、歌詞がすごく良いと思ってYoutubeで聞いてみたら、これまた心にしみてしみたので、貼り付けておく。 ※歌詞の一部転載。なんか無性に泣きたくなるわ。生きただけでもらえるハンコ、自分もほしい。 まけた…

【読書感想文】終わりまであとどれくらいだろう( 桜井 鈴茂 )

桜井鈴茂という作家のこの本、数年前からずっと気になっていた。けれども、一度も読んだことがない作家のため、なんとなく購入まで至らずそのままとなっていたが、この度読了。 読んだ感想を一言で言えば、「リアル!きつい!でも心が動かされた」 つい手に…

noteに小説を公開しました。

もう数年前に書いた短編。 1〜5(完結)まですべて無料でnoteにて公開中。 我ながら読み返すとツッコミどころ満載で呆れる出来だけれど、 少しでも楽しんでいただければ嬉しい。 下のリンクからどうぞ。 note.mu note.mu note.mu note.mu note.mu 騎士団長…

夏、クリームソーダ、喫茶店。

今週のお題「はてなブログ フォトコンテスト 2017夏」 緑色の液体に薄っすらと黄色がかったホワイトのアイスの組み合わせ。 アイスが溶けて緑色が黄緑色になっていくその過程がたまらなく綺麗で、 僕はいつまでもそれを見つめていた。 目の前に座る人の目を…

【読書感想文】『天国旅行』(三浦しをん)

天国って本当にあるんだろうか。漠然と楽園のようなイメージを持っている場所。そこへ旅行するんだからきっとハッピーな小説に違いない。そんな気軽な気持ちで手に取ったが、見事に裏切られた。 テーマは心中 死ぬこと、は、生きること。 答えはそれぞれの人…