読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元はただの石ころ

「確かなのは過去でも未来でもなく今」とわかっているけれど、そう簡単に割り切れない奴の日常

もし君がいじめられていて、死を選んでしまったとしたら、こんな手紙を書いて届けたい

いじめられているあなたへ

君が生まれてから死ぬまでの間に、

心の底から幸せだと思った日が一日でもあればいいな。

 

大変だったよね。 

君は悪くないよ。 

見てなくてもわかるんだ。 

君は悪くない。

 

でも、ちょっと生き急ぎすぎちゃったかもね。

死んでしまう前に、その環境から逃げて良かったんだよ。

親や兄弟や親戚や友達とか全部振り切って全然構わなかったんだ。

君が死んでしまうくらいなら……君を愛する誰もがそう思っているだろう。

 

僕はさっき、逃げろって簡単に言ってしまったけれど、

学校にいると、難しかったかな。

難しいよね。

僕も、学校は嫌だった。 

君とは比べ物にならないけれど、 

小さないじめも受けた。

集団でいるとわからなくなるんだよね。 

その環境に染まっている時は僕もわからなかった。 

この道しか無いんだって思い込んじゃったんだよね。 

しょうがないよね。

 

おつかれさま。

 

今、君の目の前にある景色が 

幸せにあふれるものでありますように。

 

いじめを考える100冊の本

いじめを考える100冊の本