読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元はただの石ころ

「確かなのは過去でも未来でもなく今」とわかっているけれど、そう簡単に割り切れない奴の日常

nothing there

言葉の連なり、あるいは詩的なもの

そこにあるのだと思っていたものが
何もないとわかったのはいつのことだろう

何もできないと思っていたことが
何もかもできると思い込んだのはいつのことだろう

ひとりでにひとりで
わからなくてそれでよくて
そこにいるのはもう本物ではなく
どこにもいないのはもう自明である

走り出す
光の中
小さなもので
流れ落ちるニュースをひとつすくい上げてみると
ただ余計に虚しくなるんだ


裸足で
波打ち際
足を沈ませると冷たいのだ
この下には水があるのだ
当たり前のことなのに
感じなくては忘れていることが多い


伝えたいことなんて本当はなくて
何も伝えられないことばかりで
そこに何もかもを乗せてしまえば
ここは少しだけ楽になる

騒がしさに埋れてしまえばいい
どこにいるのかさえわからないほどに
消えてしまえばいい
塵にも満たない小ささで

自転車
排気ガス
喉の痛み

心の中にあるものは
きっと誰にもわからないね僕自身にも

雨が止まない
天気予報外れの
どこまでも続いていく水の落下
雨が降る、ここにも雨が降る