元はただの石ころ

「確かなのは過去でも未来でもなく今」とわかっているけれど、そう簡単に割り切れない奴の日常

There is nothing that does not change.

 空の青さが毎日違うように
 
 僕の心も毎日違う

 

 でも

 

 それでいいんだね

 

 生きてるってことは

 

 つまりそういうことなんだから 

 

誰の上にも青空はある (講談社文庫)

誰の上にも青空はある (講談社文庫)