読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元はただの石ころ

「確かなのは過去でも未来でもなく今」とわかっているけれど、そう簡単に割り切れない奴の日常

多忙、迷走、ただいま

仕事関連 日常 考える

夏から秋にかけて仕事が繁忙期に入っていた。毎月50〜70時間程度の残業をしていた。休日出勤は1日だけであったが、毎日22時、23時に退社が当然のように続いた。会社からアパートまでは1時間。23時に退社しても帰宅したら0時。1日の半分以上を会社で過ごし、プライベートって何それおいしいの?と思うくらいに思考停止させて、ただひたすらに日々を消化した。

 

仕事が忙しい時は自分がロボットになったと思いこむようにしている。そう考えた方が気持ち的にも楽なのだ。生身の本当の自分の意識だけでこの繁忙期を過ごし続けてしまうと、絶対に嫌になってしまうから。そもそも僕は働くことは大嫌いなのだ。できれば一生働かないで暮らしたいのだ。一日中引きこもり好きな小説を読み続けたい。世界中を巡りたい。美術館に行きたい。大自然を見たい。色々な価値観を持った人たちと出会いたい。そんなことを日々、夢想している。あとは、過去の振り返りをよくする。今年はニューヨークに行ったので、その時のことは何度も思い出す。つい先日、ニューヨーク発の人気ハンバーガーショップ「shake shack(シェイク・シャック)」が都内にオープンしたという記事を読んだが、このハンバーガーショップ、半年前に本場のニューヨークで食べましたから!どうだ、すごいだろう?と優越に浸るくらいはどうか許してほしい(笑。

 

さて、なんのことを書こうとしていたのか。そうそう、多忙だったということ。

 

その反動からか、色々と迷走していた。色々の内容を全て書いていくと精神的にキツいので省略するが、一つだけ書いておくと、軽い過食衝動に陥った。今もその傾向があり、今日も夕飯前にポテトチップスを食べて、ドーナツ3つを食べた。夕飯はごはんを抜いたが、それにしても、文字通りお腹がはちきれんばかりにいっぱいになり、まるで大食い大会の選手になったかのような気がした。

正直に告白すると、最近はめっきり走っていない。だからお腹もまた前の、柔らかいね君のお腹状態に戻ってしまった。先週くらいからやっと仕事が落ち着いてきたので、また今週末はランニングを再開したい。

 

人生をより良く生きるには、早寝早起きをして健康的な食事をしていつも笑顔で毎日を大切に生きるようにすればいい。でも、僕はそんな生活を全て壊したくなってしまう衝動にかられるのだ。それはなぜかといえば仕事が忙しかったせいかもしれないし、そもそも本質的に僕はダメ人間であるからして、食べ過ぎてしまったり、衝動買いしてしまったりが普通で、半年前により良く生きようと努力していたのは本来の自分からの逸脱であっただけなのかもしれない。

 

ただ、確かなことは、僕はまたここに戻ってきた。また走りたいと思った。自分なんて消え去ればいいと思いながら機械のように心を無くしながら、それでも、僕はまだ今ここに生きていて、この文を書いている。誰も聞いてくれなくていい。これは僕のひとりごとだから。

ただいま。