読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元はただの石ころ

「確かなのは過去でも未来でもなく今」とわかっているけれど、そう簡単に割り切れない奴の日常

【2017年版】実際に使用してオススメするMacBook Air を持ち運ぶためのリュック

このブログのアクセス解析を見ていてアクセスが多い記事の中に、「MacBook Airを持ち運ぶためのリュック」という記事がある。

 

motoishirei.hatenablog.com

 

この記事を書いてからすでに2年以上が経過した。僕は今でもこの時に紹介していたグレゴリーのリュックを愛用している。タフで軽いので未だにオススメしたい。しかし飽きっぽい僕は、その後、 2つのリュックを購入して使用している。同じグレゴリーではなく、別ブランドだ。それぞれ使用してから1年が経過しているが、こちらもオススメできるリュックのため、ぜひご紹介したい。※ちなみに僕のMacBookAirは11インチだが、同サイズの別のノートPCも入ると思われるので、apple信者以外の方もぜひご参考に。

 

MAKAVELICのリュック 

 MAKAVELIC(マキャベリック)は、東京発のブランド。実際に使ってみてとても収納力の高いリュックだと感じた。 僕が使用しているのは「TRUCKS RAINPROOF BACKPACK LARGE」。ちなみに色はネイビー。

 

収納力

両サイドにボトルホルダー、手前に小物入れ、中を開けるとその中も細かくジッパー付きの物入れがある。あと、背負ったままでもPCを取り出せる縦のサイドジッパーが素晴らしい。

 

背負いやすさ

サイズ的に大きめ(幅300×高さ510 (mm))なので、背中を覆う感じを受けて、背負いやすい。

 

重さ

重量は1000グラムとやや重い。ただ、以前紹介したグレゴリーのリュックは18リットルであり、容量としてはこちらの方が断然多く、サイズも大きいので単純に比較してはいけない。macbook Air以外にも色々入れて持ち運びたいって方には便利。

 

その他

他のリュックにはあまり見られない点として、このリュックにはレインカバーがリュック底のジッパーに内蔵されている。急な雨が降ってきたときは、写真のようにカバーをかけることで水濡れを防ぐことができる。というわけで電子機器が雨に濡れるのが心配な人にもオススメ。 

 

patagoniaのリュック

アウトドアの定番ブランド、patagonia(パタゴニア)のリュック。僕が使用しているのは、「REFUGIO PACK 28L」。色はブラック。 

 

収納力

さきほどご紹介したMACAVELICのリュックと比較すると、幅はほぼ同じ、高さが少し小さめ(高さ470 (mm))ではあるのだが、収納力は高い。実際に使用しているので、小物が入っていて多少見苦しいのはご勘弁を。キーリングが付いているのは、個人的にかなりポイントが高い。

少しわかりにくいと思うが下の写真のように、背負う部分側にジッパー付きのPCを入れるスペースあり。

背負いやすさ

とても背負いやすい。リュックに財布だけを入れるとほとんど何も背負ってないみたいに感じるほどだ。それは次に書くけれども、このリュックの軽さにある。

 

重さ

630gでとても軽い。軽いリュックはやっぱり正義だ。ノートPCを持ち運ぶ人や荷物が多い人は、特に重さの観点からリュックを選んでほしいと思う(もちろん耐久性は言わずもがな)。リュック自体が軽ければ軽いほど肩に掛かる負担が少なくなるのだから。

 

その他

Gregoryはとても素晴らしいアウトドアブランドだが、特にリュックにおいては人気があり他の人と被りやすい。MAKAVELICも最近人気があるのかよく背負っている人を見かける。それに対して、patagoniaのリュックを背負っている人はあまり見かけない。言わずと知れたアウトドアブランドなのに不思議だ(単に自分の周りがそうなだけだったら申し訳ない)。

また、リュックは肩ひもの余白部分を下に引っ張ることで、ベルトの調整をするが、patagoniaのリュックは重い荷物を入れていても、そんなに力を入れることなくすっと下に引っ張ることができる。これはさすが有名なアウトドアブランドだからだと思う。

 

まとめ

どちらも本当におすすめで、どちらの方が良いというまとめはしたくない。実際に僕はこれらのリュックを日々ローテーションして使用しながら暮らしている。

会社へ行くときにもリュックだし、休日もリュックを愛用している僕がおすすめするのだから間違いない。もしリュック購入で迷っている人がいましたらお気軽にコメントをどうぞ。