読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元はただの石ころ

「確かなのは過去でも未来でもなく今」とわかっているけれど、そう簡単に割り切れない奴の日常

2年ぶりのランニングで感じた4つの利点

さてさて、予告したとおり、久しぶりにランニングしたことを書きたいと思います。

 

どれくらいぶりかというと、2年近くぶりでしょうか。まぁこれまでも、時たま走っていた程度で毎日は走ってません。距離も5キロとかそんなもんですぐにバテて歩くという感じでした。それでも、走るって行為自体は意外と好きなので走ってました。

 

今回走ったのは近所の公園です。この公園はなかなか広くて、自然たっぷりと素晴らしい公園で、これまでも何度か来たことがあります。

f:id:motoishirei:20150117171718j:plain

(なぜこの写真なのかは聞かないでください、特に理由はありません、「止まれ」がありますが歩行者用です、公園内の写真です)

 

ただ、走るのは初めて。今回、ランニング専用レーンが設けられていることを初めて知りました。クッション性が高い地面になっているようで、6キロほど走りましたが、脚への負担が少なく感じました。これまた素晴らしいですね。

 

でもね、冬は、やっぱり寒いです。トレーニングウェアで走りましたが、DESCENTEの通気性を謳っているものだったので、風がスースー寒い寒い(笑。走れば暑くて汗も流れるほどでしたので、結果オーライ?とは思うのですが、ウィンドブレーカが欲しいと思いました。

f:id:motoishirei:20150117172910j:plain


あと、シューズですね。一応、5年?くらい前に買ったMIZUNOで走ったのですが、この靴、ランニング用に買ったのかどうかちょっと思い出せなくて、新しいシューズが欲しかったりします。今気になっているのは、こちら。

 

 

初心者向けのシューズで検索かけて知ったのですが、これでいいのかどうか。一度、試履してから買うかどうか決めようかと思います。

 

今回、久しぶりに走ってみて、ランニングの良さを改めて感じたので4つの利点について書いていきます。

 

走っている時の無敵感(ランナーズ・ハイ?)

ランナーズ・ハイでいいのかわかりませんが、全力で走っている時の「俺、はぇー!」みたいな感じ、ひょっとしたら空も飛べるかも、なんて思えるほどに心地よい感覚があります。もちろん、疲れてくるとそんなこと考える余裕もないんですが(笑。

 

走り終わった後の心地よい疲労感

走り終わりシャワーを浴びた後、なんとなくだるい。でも嫌なだるさではなく、心地良いだるさ、なんです。これがあると、「走ったなぁ、自分、頑張ったな」と思えます。

 

走り終わった後のクリアな思考

身体はつかれていますが、逆に思考はめっちゃクリアに!なんだこれ!って感じです。ブログ執筆も捗る捗る(笑。

 

精神的にうだうだ悩んでいたことがどうでもよく思える

最近、友人なし彼女なしどーしよーお先真っ暗と感じていましたが、走り終わった今、「それでもいいじゃん、なんとかなるしょ」というふうに感じられるようになりました。気持ちが軽くなりました。何事も捉え方次第だということはわかっているのですが、気分が落ちているときはそれを忘れやすい。走ったことにより血行が良くなり(笑)?、良い面だけをクロースアップして見ることができるようになったかと思います。

 

以上です。これからも週末、時間があるときに走ります。