読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元はただの石ころ

「確かなのは過去でも未来でもなく今」とわかっているけれど、そう簡単に割り切れない奴の日常

【読書感想文】『空の色』(HABU)

空の写真ばかりが掲載されている写真集。

オーストラリアで撮られたものが大半で、

それらの写真は、僕を8年前のあの場所に連れていく。

 

オーストラリアの真ん中で。

赤い砂丘。ごつごつした岩。

どこまでも広がる果てしない空。

手を伸ばせば届きそうな雲。

陽射しの強さ。

水を飲めることのしあわせ。

 

 
今は連絡も取れない人たち。

彼らの人生をふと思う。

もう二度と戻れない、見ることが出来ないあの日の空を想う。

 

時はただ過ぎていく。それは当たり前のことだ。

けれど、時々、どうしようもなく、かえりたくなる。

かえることは出来ないあの場所へ、あの時間へ。

こんな風に思えるということは、多分、とても幸福なことだ。

過去を大切にする人たちの気持ちが、最近わかるようになってきた。

 

歳を重ねることで、わからなかったことが見えてくる。

それは決して悪いことじゃない。

 

空の色

空の色

 

 

こちらも気になっています。

 

空は僕を誰とも比べない

空は僕を誰とも比べない