読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元はただの石ころ

「確かなのは過去でも未来でもなく今」とわかっているけれど、そう簡単に割り切れない奴の日常

no answer

言葉の連なり、あるいは詩的なもの

劣等感の塊で
自分の存在自体がどうでもよく思えて
周りばかりが華やかに見えて
息をするのも苦しいくらい

 

何もできない自分に
生きる価値などないと気づいてた
彼の地に生きる人々の澄んだ目を見て
濁った自分の目を恥じる

 

どこにいても何をしていても
自分という存在に苦しめられる

 

どうしてなんだろうと
何度も何度も繰り返し考えて
結局いつも最後にはどうしようもないんだと諦める

 

でも

 

全部自分の心が決めているんだ

 

醜くても恥さらしでもいい
自分の弱い心に負けないように
自分の良いところなんかなくても
生きているだけでいいと思えるようになりたい

 

この世界のこの時代に偶然生まれて生きている私
もしもあの時
父や母が出合わなかったらこの世にいない私

 

生きたくて生き始めたわけじゃない
望んで生まれてきたわけじゃない
ただの偶然なんだ
それなのに
苦しい時があって
眠れない夜があって
不公平な世界に涙がとまらない瞬間もあって
一体なんなのだろうと思う

 

生きることってなんなのだろう

 

自分から死ぬ人もたくさんいて

一方で

今日一日を生きられたことに感謝する人もいて

どこにその境界線はあるのだろう

 

わからない

 

でも

すべてその人たちの心が決めたことなんだ

弱いとか強いとかそういうものじゃない
良いとか悪いとか簡単に言えるものじゃない

私の心とあなたの心は違う

誰一人同じ人はいない

 

答えは出ない

 

でも

今日も私は生きている

 

自分の答えのつくりかた―INDEPENDENT MIND

自分の答えのつくりかた―INDEPENDENT MIND